無人「空飛ぶトラック」商用化へ ヤマトHDが共同開発へ

10/12 12:15
物流大手のヤマトホールディングスは、無人の「空飛ぶトラック」の商用化を目指すと発表した。

ヤマトホールディングスによると、無人輸送機、いわゆる「空飛ぶトラック」を共同開発することで、アメリカの輸送機製造大手と基本合意書を締結したという。

最大450kgの荷物を時速およそ160kmで運び、中長距離での貨物輸送などに活用する方針。

ヤマトは、2019年8月までに試験飛行を実施し、2020年代半ばまでの実用化を目指すという。

「空飛ぶクルマ」をめぐっては、官民の協議会で、安全確保や運航管理などのルール作りについての議論が始まっている。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング