東証 一時1,000円超下落 米中貿易摩擦など懸念で

10/11 15:40
日経平均株価が一時、1,000円以上急落した。

米中貿易摩擦への懸念や、アメリカの金利上昇などから、10日のダウ平均株価は831ドル値下がりした。

外国為替市場では円高ドル安が進み、日経平均株価は下落幅が1,000円を超える場面もみられた。

終値は、10日に比べ、915円18銭安い、2万2,590円86銭と、およそ1カ月ぶりの安値をつけた。

みんなの意見を見る

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング