豊洲市場オープン 「配達間に合わない!」渋滞が課題

10/11 12:04
東京・豊洲市場が11日、オープンした。
初日を迎えた豊洲市場だが、周囲の交通状況については、万全とは言えないもよう。

その理由は、現在、東京都心から豊洲市場に渡る橋は、晴海大橋の1本。
実はもう1本、環状2号線の延長に向け、道路が造られているが、小池都知事がおよそ2年、豊洲市場への移転を遅らせた影響で、完成が遅れている。

そのため、晴海大橋に長い車列ができるほど、渋滞が起きてしまっているという。

豊洲市場の正門前周辺の晴海通りから曲がってきた道路が、11日朝は渋滞していたが、午前11時30分現在、比較的にスムーズに動いている。

ただ交通渋滞については、業界関係者も「われわれが危惧していた以上にひどい」と話していて、仲卸からも「お客さんが時間通りに来られない」、「配達が間に合わない」などの声が聞かれた。

環状2号線が一般車両が通れるようになった際に、渋滞がどこまで解消するかが今後の課題となる。

一方、11日朝のマグロの競り場では、想定以上に気温が上がり、冷凍マグロが一部溶けてしまうなど、空調の使い方でも新たな課題が出ている。

「豊洲」ブランドを確立するため、関係者の工夫と努力が問われている。

みんなの意見を見る

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング