米朝会談は中間選挙後 11月6日以降に

10/11 00:25
2回目の米朝首脳会談は、11月6日以降になる見通し。

アメリカのトランプ大統領は、2回目の米朝首脳会談は、11月6日の中間選挙のあとになるとの見通しを示した。

選挙後までは、忙しくてアメリカを離れられないためだとしている。

また、会談の開催地については、トランプ大統領は「3〜4カ所の候補地について話している。時期はそう遠くない」と述べた。

こうした中、ロシアを交えた3者協議を終えた北朝鮮の崔善姫(チェ・ソンヒ)外務次官と、中国の孔鉉佑外務次官は、10日午後、空港に到着し、モスクワを出発する。

協議では、国連の北朝鮮制裁を見直すべきだとの認識で一致した。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング