火山活動活発 西之島、1割広がる  EEZも46平方km拡大へ

10/10 13:01
海上保安庁は、東京・小笠原諸島の西之島について、島の面積がさらに1割ほど拡大したと発表した。

活発な火山活動が続く西之島では、流れ出した溶岩などによって島の面積が拡大していて、現在も山頂付近では、白い噴気が確認できる。

海上保安庁が2018年7月、海図を改訂するためにレーザー測量を行った結果、島の面積が、2016年よりも1割ほど拡大していることがわかった。

これにともない、日本の領海が4平方km、EEZ(排他的経済水域)は、46平方km拡大する見込みだという。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング