「計画運休」平日も? SNS発信も検討 鉄道事業者らが改善策

10/10 12:38
国土交通省は、9月に台風が接近した際にJR東日本などが行った「計画運休」について、対応が適切だったかどうかを検証する会議を開催した。

国土交通省で開催された10日の会議には、計画運休を実施した18事業者を含む、22の鉄道事業者が、国交省に集まった。

今回の計画運休をめぐっては、利用者から、もっと早く通知が欲しかったとの声や、翌朝の輸送障害で、駅に利用者があふれかえるなどのトラブルが発生したため、会議では、今後の改善策について検討される。

午後8時から首都圏を走る全ての在来線を計画運休したJR東日本では、今後は、SNSを通じて情報発信することや、平日でも計画運休することを検討している。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング