ポンペオ国務長官と電話会談 北の核査察“ひとつ前進かも”

10/09 06:20
河野外相は、北朝鮮を訪問したアメリカのポンペオ国務長官と、8日夜、電話で会談し、金正恩(キム・ジョンウン)委員長との会談の結果について報告を受け、非核化の具体的な措置などをめぐり、意見を交換した。

河野外相は、「ポンペオ国務長官から、金正恩委員長に対して、日朝間のことについて、問題提起をしていただきました」と述べた。

電話会談のあと、河野外相は、ポンペオ長官が、平壌(ピョンヤン)で、拉致問題に言及したことを示唆したが、日朝首脳会談の開催に関して、ポンペオ長官が金正恩委員長とやりとりしたかについては、回答を避けた。

一方、北朝鮮が、核施設の査察を受け入れると表明したことについて、河野外相は、「ひとつ前進と言えるかもしれない」と述べた。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング