不明のICPO総裁 中国で調査 「違法行為の疑い」

10/08 06:22
中国に一時帰国後、所在不明になっているICPO(国際刑事警察機構)の孟宏偉総裁について、中国の国家監察委員会は、「違法行為の疑いで調査をしている」と発表した。

フランスに本部があるICPOの孟総裁は9月末、中国に一時帰国したあと、連絡が取れなくなり、ICPOが6日、声明で中国当局に対し、総裁の消息について説明を求めていた。

そうしたところ、中国の国家監察委員会は7日、孟総裁ついて、「違法行為をした疑いがあり、調査をしている」と発表した。

違法行為の具体的な内容は明らかにされていないが、国家監察委員会は、習近平国家主席の肝いりで、2018年3月に設立された組織で、孟総裁が汚職などの犯罪で拘束され、追及されている可能性がある。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング