大相撲初場所 初場所前日に臨時理事会

01/13 18:55
14日から、大相撲初場所が始まる。両国国技館では、土俵祭りが行われた。さらに理事会では、立行司・式守伊之助(58)に懲戒処分が下った。
元横綱・日馬富士の暴行問題で、一連の処分が終わって最初の本場所となる初場所を前に、土俵祭りが実施された。
これは、15日間の安全を祈願するもので、八角理事長や横綱・白鵬らが出席。
その後、優勝額贈呈式が行われ、秋場所を制した元横綱・日馬富士は対象から除外され、九州場所を制した白鵬のみが出席。
2枚並んだ額の前で、記念撮影を行った。
横綱・白鵬は、「いろいろ考えもありますけども...。今回は稽古もしっかりしましたんで、それを思い出しながら頑張りますよ」と話した。
13日午後からは、セクハラ行為をした立行司・式守伊之助の処分を検討する臨時理事会が開かれ、降格で役員待遇となった貴乃花親方や、式守伊之助本人が出席。
八角理事長は「出場停止、3場所の懲戒処分といたしました」と述べた。
式守伊之助からは辞職願が提出され、処分が明けた夏場所後に受理するという。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース