イラン核合意 トランプ氏「合意見直しを」

01/13 18:16
2015年のイランとの核合意をめぐって、アメリカのトランプ大統領が、合意の見直しを要求した。
トランプ大統領は12日の声明で、イランとの核合意を「ひどい欠陥がある」などと、あらためて批判したうえで、合意を見直すよう要求し、実現しない場合は破棄する考えを強調した。
トランプ大統領は、経済制裁を再び発動することは見送ったが、「これが最後のチャンスだ」とも指摘している。
今回の発表に合わせて、アメリカ財務省は、イランに関連した14の個人・団体に追加制裁を科し、強硬姿勢を鮮明にしている。
一方、イランのザリフ外相は、ツイッターで、「核合意に再交渉の余地はない」とコメントし、トランプ大統領の合意見直しの要求に反発している。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース