ウェスチングハウスの保証債務完済

01/13 11:01
ウェスチングハウスの保証債務を完済した。
経営再建中の東芝は、元子会社のウェスチングハウスに原発を発注していた、アメリカの「スキャナ電力」に対する債務を早期弁済したと発表した。
親会社として保証した債務の残額、およそ18億6,050万ドルを、スキャナから債権を買い取った「シティグループ」に一括で支払ったという。
東芝は、アメリカのサザン電力に対する支払いも終えていて、ウェスチングハウス関連の保証債務は、完済した。
経営破たんしたウェスチングハウスは、カナダの投資ファンドが買収を決めている。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース