「アリババ」サイトで日本産米販売開始

01/12 20:04
日本の米輸出拡大に向け、中国の大手通販サイトで販売をスタート。
JA全農(全国農業協同組合連合会)は、中国のネット通販最大手「アリババ」のサイトで、日本産米のインターネット通販を開始したと発表した。
国内の米の消費が落ち込む中、巨大市場の中国で輸出拡大につなげるのが狙いで、三重県と石川県のコシヒカリを販売している。
価格は、2kgの袋詰めで3,000円以上と、中国で販売されている米の9倍程度にあたり、富裕層向けの贈答品などを想定しているという。
JA全農は、当面4トンを販売する計画で、今後、売れ行きを見て、販売量を増やす方針。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース