「イージス・アショア」巡航ミサイル迎撃にも

01/11 13:34
ハワイにあるアメリカミサイル防衛庁の試験施設を視察した、小野寺防衛相は10日、自衛隊に導入する陸上配備型の弾道ミサイル迎撃システム「イージス・アショア」を、将来的には、巡航ミサイルの迎撃などにも活用したいとの考えを初めて示した。
小野寺防衛相は「日本に来るような巡航ミサイル、さまざまなミサイル防衛に総合的に役立つ、そういう基礎的なインフラに、今後、発展させていきたい」と述べた。
イージス・アショアは、北朝鮮の弾道ミサイルから日本全域を守るシステムで、政府は、秋田県と山口県への設置を検討している。
小野寺防衛相は、「今は、弾道ミサイル防衛ということで考えている」と述べる一方で、将来的には、巡航ミサイルも迎撃できるシステムに改修するなど、イージス・アショアの機能を拡大したい考えを明らかにした。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース