鳥インフル疑い 再検査へ

01/11 12:27
香川・さぬき市で、高病原性鳥インフルエンザの疑いがあるニワトリが見つかった問題で、10日の遺伝子検査では結果が出ず、香川県は11日朝から、国とともに再検査に向けた作業を行っている。
この問題は10日、香川・さぬき市の養鶏場で、55羽のニワトリが死んでいると県に連絡があり、簡易検査の結果、11羽のうち、3羽から鳥インフルエンザの陽性反応が出たもの。
県は、遺伝子検査を行い、高病原性鳥インフルエンザに感染しているかどうか調べていたが、10日の検査では、明確な結論を出すことができなかった。
このため、県は農林水産省とともに、再びウイルスの遺伝子検査を行うことにし、11日朝、調査チームが香川入りした。
13日未明までに、結果が出る見通し。
高病原性鳥インフルエンザと確認されれば、四国では初めてとなる。 (岡山放送)

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース