トランプ大統領、米朝対話の可能性に言及

01/11 06:38
南北閣僚級会談を受け、アメリカのトランプ大統領は10日夜、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と電話で会談し、適切な時期と状況下での北朝鮮との対話に言及したほか、南北対話が行われている間の軍事行動はないと述べた。
トランプ大統領は「文在寅大統領から、韓国の代表が素晴らしい対話をしたと、良い報告を受けた。良い方向に進むことを期待している」と述べた。
ホワイトハウスによると、トランプ大統領と文大統領は、今後も北朝鮮に圧力をかけ続ける重要性を確認した。
その一方で、トランプ大統領は、「適切な時期と状況下での対話の窓は開かれている」と述べ、米朝対話の可能性にも言及した。
また、韓国側によると、トランプ大統領は、文大統領に「南北の対話が行われている間は、いかなる軍事行動もとらない」と伝えたという。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース