共産党 野党4党に「候補者調整」呼びかけ

01/10 20:20
共産党は10日、立憲民主党や民進党など野党4党に対し、2019年夏の参議院議員選挙に向けた候補者調整の協議を呼びかけた。
共産・小池書記局長は「参院選でわれわれとしては、全国32の全ての1人区で、野党の統一候補を実現したい」と述べた。
共産党の小池書記局長は10日、立憲民主、民進、自由、社民の4党の幹事長に対し、参院選での野党共闘に向け、政策対話と候補者調整の協議を速やかに始めるよう呼びかけた。
一方、希望の党については、「安保法制と憲法9条改正を容認していて、共闘の対象にはならない」として、呼びかけを行わなかった。
共産党は、「相互推薦・相互支援」を条件に協議を進める方針だが、立憲民主党や民進党は、候補者調整などを行うにしても、共産党とは一定の距離も保ちたい考えで、野党共闘の形をめぐる駆け引きが行われるもよう。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース