日韓合意 新たな要求受け入れず

01/10 19:55
菅官房長官は、いわゆる従軍慰安婦問題をめぐる2015年の日韓合意への新たな対応方針を、韓国が発表したことについて、新たな要求は受け入れない考えを示した。
菅官房長官は10日午前の会見で、日韓合意は、両国の首脳で内容が確認され、アメリカをはじめ、国際社会で高く評価された合意だと指摘したうえで、「申し上げるまでもなく、この種の合意というのは、たとえ政権が代わったとしても、責任をもって実施される、それが国際社会の当然の原則である、こういうふうに思います」と述べた。
そのうえで、「さらなる措置を求めるということは、わが国としては全く受け入れることはできない」と述べ、合意を着実に履行していくべきとの考えを強調した。

みんなの意見を見る

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース