バノン氏 保守系サイト会長を辞任

01/10 17:58
暴露本をきっかけに、会長職を追われた。
保守系サイト「ブライトバート・ニュース」は9日、トランプ大統領の元側近、バノン氏が、会長職を辞任したと発表した。
5日に発売された暴露本「炎と怒り」の中で、トランプ一家を批判したことで、トランプ大統領が激怒し、バノン氏との関係が悪化。
バノン氏を支援していた有力な支援者が批判に回り、辞任に追い込まれたとの見方が広がっている。
かつては、「影の大統領」とも呼ばれたバノン氏だが、古巣のニュースサイトからも追われた形。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース