東京五輪の暑さ対策で連絡会議

06/19 21:07
2020年東京大会の暑さ対策に向け、温度や湿度の測定調査などを進める。
丸川五輪相は「暑さ対策が今後、レガシーとなるように、関係府省庁の皆様、都、組織委と連携して、ソフト・ハード両面の対策を、着実に推進してまいりたい」と述べた。
政府は19日、2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けた、アスリートや観客の暑さ対策についての会議を開き、各省庁や東京都、組織委員会が取り組み状況を報告した。
2017年度は、競技会場周辺の温度や湿度を測定し、大会期間中の熱中症予防に役立てるほか、マラソンや競歩のコースで、路面温度の上昇を抑えるため、道路の特殊な舗装などを進める。
また会議では、暑さに慣れていない外国人観光客に対し、熱中症予防などの情報発信を、多言語で充実させていくことが確認された。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース
ユアタイム