入国審査受けず入国 バニラ・エアが謝罪

06/19 19:49
格安航空会社のバニラ・エアで、成田空港に到着した国際線の乗客34人が誤って国内線の到着口に誘導され、入国審査を受けずに入国した。このうち10人は、現在も立ち去ったままとなっている。
バニラ・エアは19日午後、記者会見で「申し訳ございませんでした」と謝罪した。
18日午後10時すぎ、香港から成田空港に到着したバニラ・エア304便の乗客168人のうち、34人が、バスで誤って国内線の到着口に誘導され、入国審査を受けずに入国した。
この34人のうち、10人は立ち去ったまま、入国手続きをしておらず、現在、バニラ・エアが連絡を取っているところだが、日本人1人とは連絡が取れていない状況だという。
バニラ・エアは、2016年4月にも同じミスをしていて、国土交通省は、バニラ・エアの社長を呼び出し、厳重注意の文書を手渡した。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース
ユアタイム