ロンドン車暴走 男逮捕の「一部始終」

06/19 18:09
イギリス・ロンドンにあるイスラム教の礼拝施設・モスクの近くで、人々の列に車が突っ込み、1人が死亡、10人が負傷した。相次ぐテロへの報復との見方もある。
容疑者を取り押さえた男性は、「僕と友人2人で、彼を取り押さえた。とても強い男だったから、ほかにも5人が応援に来て取り押さえた」と話した。
容疑者を取り押さえた人が語る、その瞬間。
事件は、19日午前0時20分ごろ、ロンドン北部フィンズベリー・パークで起きた。
車は、道を真っすぐ加速しながら走ってきて、モスクの前に集まっている人たちに突っ込んだ。
一夜明けた現場を上空からとらえた映像。
停車している白いバンタイプの車が見える。
そこからおよそ100メートル離れた場所には、イスラム教の礼拝施設、モスクが。
バンは、このモスクで夜の礼拝を終えた人々の列に突っ込み、1人が死亡、10人が負傷した。
容疑者を取り押さえた男性は、「暴走するバンが見えたので、仕事に急いでいるのかと思った。すると、突然モスクの方に向きを変えたんだ。3人ひくと、その後、5〜6人いる方へ向かった」と話した。
警察は、車を運転していた48歳の男を逮捕。
この事件の背景にあるとみられるのが、イギリスで、ここ数カ月の間に相次いでいるテロ事件。
6月3日には、ロンドン中心部で8人が犠牲に。
5月には、中部マンチェスターのコンサート会場で22人が死亡。
さらに、3月には、ロンドン中心部で5人が犠牲になった。
3件は、いずれもイスラム過激思想に触発された人物によるものとみられ、今回の事件は、こうしたテロへの報復なのではとの見方がある。
イギリスのメイ首相は、テロの可能性があるとみて捜査していることを明かしている。

みんなの意見を見る

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース
ユアタイム