学生が震災サバイバル体験

06/19 15:34
首都直下型地震で被災した際の対処法を学ぶため、1泊2日のサバイバル体験に学生およそ30人が挑戦した。
訓練は、地震によりライフラインが寸断された設定で、被災した街の情報収集や人命救助などの課題を留学生を含む、学生およそ30人が取り組んだ。
警視庁は、「訓練を通じ、震災時に避難所のボランティアリーダーになる学生を育成していきたい」としている。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース
ユアタイム