ゴルフ全米オープンで松山選手が2位

06/19 12:24
男子ゴルフのメジャー第2戦、全米オープンで、松山英樹選手(25)が、青木 功さんの記録に並ぶ、日本勢最高の2位に入った。
トップと6打差の14位からスタートした松山選手。
まずは、4番でバーディーパットを沈めて、一気に波に乗った。
さらに続く5番のセカンドショットは、ピンそばにピタリ。
前半から猛チャージをかけた。
後半も勢いの止まらない松山選手は、14番でもナイスアプローチで、バーディーを引き寄せた。
最終18番もきっちりと沈め、バーディー。
メジャー初優勝は逃したが、トータル12アンダーで、1980年の青木 功さん以来となる、日本勢最高の2位に輝いた。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース
ユアタイム