卓球 17歳・平野美宇が準々決勝進出

06/17 18:10
卓球は、17歳の快進撃が止まらない。世界選手権で、48年ぶりのメダルを獲得した平野美宇選手(17)。ジャパンオープンでも準々決勝進出を決めた。
世界選手権銅メダリストで、世界ランクは堂々の7位。
今、伸び盛りの17歳・平野選手は、韓国のサウスポー、田志希選手相手に手こずりながらも、要所でポイントを奪った。
回転の速い攻撃的な卓球で、フルゲームの熱戦を制した。
このあと準々決勝で、世界ランク5位に挑む。
平野選手は「陳夢選手に勝つことが目標なので、またもう1回、勝てるように頑張りたいです」と話した。
一方、伊藤美誠選手(16)は、石川佳純選手を破り勝ち上がってきた、中国の新鋭・王と対戦。
2ゲームを連取したが、そのあと接戦をことごとく奪われ、4 - 2とまさかの逆転負け。
試合後は、徐々に悔しさがこみ上げた。
伊藤選手は「全体的に、何もかもが上回っていないので、一からやっていきたいです」と語った。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース
ユアタイム