国後島 教材差し押さえで混乱

06/17 08:51
教材を差し押さえられ、授業を始められないでいる。
北方領土の国後島で15日、日本語を教えるために現地入りした講師らの荷物が、現地の税関に「1人あたり、50kgの制限を超えている」として差し押さえられた。
講師らは、北方領土を日本人とロシア住民らが訪問し合う「ビザなし交流」の一環として、国後島を訪問しているが、重量制限を超えた教材やコピー用紙などが差し押さえられ、来週始める予定の日本語講座の準備ができない状態だという。
派遣事業を行っている「北方領土問題対策協会」は、「1998年に開始して以来、このようなことは起きておらず、現在、外務省が調整している」としている。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース
ユアタイム