働きかけを否定 首相、集中審議で

06/16 21:26
国会は、事実上の会期末を迎え、参議院予算委員会で行われた集中審議で、野党は安倍首相が加計学園の獣医学部新設に関与した疑いを追及したが、安倍首相は働きかけは一切ないと否定した。
民進・福山議員は「総理が、自分が言っていないとか、やっていないとか言っても、どう見てもこれは、総理が言っている可能性がある。『総理のご意向』だと言われている」と述べた。
安倍首相は「岩盤規制改革を、全体としてスピード感を持って進めるように、常々指示をしてきている。しかし、本件については、具体的に指示をしたり、働きかけをしたことは一度もない」と述べた。
野党は、国家戦略特区の会議で、安倍首相の友人が理事長を務める、加計学園の獣医学部設置が認められた選定に、安倍首相が関与した疑いを追及した。
安倍首相は、政府の調査に1カ月かかった対応について、「率直に反省したい」と述べたものの、自らの関与については、「わたしの意思で、どうだと決めることは、全くあり得ない」と否定した。
野党はさらに、萩生田官房副長官の関与を追及した。
共産・小池議員は「国家戦略特区の会議の決定に関わって、一切の発言をしていないのか」と述べた。
萩生田官房副長官は「決定に関わって、私が指示したことはない」と述べた。
民進党などは、国会閉会中の衆議院予算委員会の集中審議や、文部科学省の前川前事務次官ら関係者の証人喚問を求め、引き続き政府を追及する構えを示している。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース
ユアタイム