AKB総選挙 ビーチ開催中止で困惑拡大

06/16 20:53
AKB48の人気No.1決定戦「AKB48 49thシングル 選抜総選挙」。17日の開催に向け、多くのファンが沖縄に乗り込んでいる選抜総選挙は、大雨のため、無念の決断となった。
16日朝、那覇空港に到着した際、「本当に楽しみにしてくださっていたファンの皆さんに申し訳ない気持ちでいっぱい。わたしたちも、メンバー・スタッフで準備をしてきたので、中止というのは本当に心が苦しい」と、謝罪の言葉を口にしたAKB48グループの総監督を務める横山由依さん(24)。
17日、沖縄県の「美らSUNビーチ」で開催を予定していた「AKB48 49thシングル 選抜総選挙」のイベント中止が発表されたのは、16日午前9時半ごろのこと。
公式ウェブサイトで「沖縄本島では現在、梅雨前線が例年以上に停滞し、当日は雨に加えまして、『雷注意報』が発表される可能性が高く、お客様の安全を最優先に考慮し、中止せざるを得ないと判断させていただきました」と発表した。
中止の決定とほぼ同時に、メンバーが続々と那覇空港に到着した。
毎年、ファン投票により、人気メンバーが選ばれる総選挙は、AKBイベントで最も規模が大きく、今回は2万人ほどの来場者が見込めるといわれていた。
現在、すでに沖縄入りしているファンは、「仕方ないですよね。安全面を考えてくれているので。室内の会場を探せばよかったんじゃないのかなぁ」、「台湾からです。ここで、観光とかします」などと話した。
2016年の総選挙で1位だった指原莉乃さん(24)は、「本当にどうなるのかわからないけど、それすらも楽しむのがAKBと言い聞かすしかないのが現状です」と悔しさをにじませた。
この一大イベントの中止の影響は大きく、宿泊施設ではキャンセルが相次ぎ、会場に程近いホテルでは、すでに20部屋がキャンセルされたという。
イベントは中止となったが、開票発表の模様は、17日午後7時から、予定通り放送する。 (沖縄テレビ)

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース
ユアタイム