幕引き 安倍首相も出席へ

06/16 13:06
「加計学園」の獣医学部新設をめぐる一連の文書について、15日の文部科学省に続いて、内閣府は、内部調査の結果を16日朝、公表した。こうした中、通常国会は、会期の延長はなく、事実上、16日に閉幕する。午後は、「加計学園」の問題をめぐって、参議院予算委員会で、安倍首相が出席する集中審議が行われる予定。
加計学園の問題で、追及を強める野党側に対し、政府は、安倍首相が国会で自らの関与を否定し、「幕引き」としたい考え。
通常国会は、天皇の退位を認める特例法や、「テロ等準備罪」を新設する改正組織犯罪処罰法が成立したほか、性犯罪を厳罰化する刑法改正案も、16日、成立する見通し。
政府与党は15日、委員会の採決を省略する強引な手法で法案の成立を図り、会期を延長せずに国会を閉じる決断をした。
民進党・山井国対委員長は、「総理のご意向国会であった」、「加計学園の追及を逃れたいという、安倍総理の強いご意向によって、きょう逃げ切るために、国会が閉じられる」などと述べた。
安倍首相が、事実上の最終日に異例の集中審議を受け入れ、行政手続きに問題はなかったと説明する一方、野党は、閉会後も安倍首相の関与などを追及したい考えで、7月に迫る東京都議会選挙もにらみ、与野党の攻防が、今後も引き続き注目される。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース
ユアタイム