山本地方創生相「総理の指示ないと確認」

06/16 12:42
「加計学園」の獣医学部新設をめぐる一連の文書について、15日の文部科学省に続いて、内閣府は、内部調査の結果を16日朝、公表した。山本地方創生担当相は、「『総理のご意向』や、『官邸の最高レベルが言っている』などと発言した職員は、いないことを確認した」と発表した。
山本地方創生相は「内閣府が、文科省に、個別の項目や個別のプロジェクトについて、『官邸の最高レベルが言っている』とか、『総理のご意向』などと伝えた認識はなく、総理からもそうした指示等は一切なかった」と述べた。
一連の文書をめぐっては、15日、文部科学省が、民進党などが公表した19の文書のうち、14の文書の存在が確認できたと発表した。
内閣府の調査結果では、この19の文書のうち、国家戦略特区への獣医学部の設置を、事実上、加計学園に絞り込むことになった文書など、4つの文書と、新たに内閣府の中で確認された4つの文書と、あわせて8つの文書の存在が認められたとしている。
また、山本地方創生相は、一連の文書に記された「総理のご意向」などの指示はなかったとしたうえで、「安倍首相が常々会議で、『スピード感をもって実現すべき』という旨を発言されていることから、事務方が、こうした発言に言及させていただくことはあったとの報告は受けた」と強調した。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース
ユアタイム